ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

脱プラ、家電にも 植物性繊維使った新樹脂素材 パナソニック、採用へ

 パナソニックは8日、冷蔵庫などの家電にプラスチックの代替品となる新しい樹脂素材を採用していく方針を発表した。新素材は「セルロースファイバー」と呼ばれる植物性繊維を使ったもの。海洋汚染の深刻化などを受けた「脱プラ」の動きが家電にも広がってきた。
 パナソニックによると、新素材はセルロースファイバーを業界最高水準となる55%以上含み、プラスチックを超える強度を持つのが特長。色が白く、自由に着色できるのも利点で色のついた家電にも使いやすい業界初の素材という。
 同社は、この新素材を数年内にプラスチックの使用量が多い冷蔵庫や掃除機などの家電に採用することをめざす。ほかにも、住宅建材や車載用の部品にも幅広く使い、「脱プラ」を実現していく考えだ。
 従来のプラスチックよりコストが高いのが課題だが、他社製品にも使ってもらうことで生産量を拡大してコストを下げることをめざす。プラスチック製の食器などへの採用を働きかけていくという。
 廃プラによる海洋汚染などの問題から、石油由来のプラスチックは使用量の削減が世界的に求められている。国内でも飲食店がプラスチック製ストローを廃止したり、小売店がショッピングバッグを紙袋に切り替えたりする動きが相次いでいる。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP