ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

防ごう、クマ被害 対処方法を学ぶ 浜田・中学校で出前授業 /島根県

 浜田市内の住宅地などでクマの出没が相次いでいる。4月以降、6頭を捕獲し5頭を殺処分しており、11日も同市下府町で1頭が目撃されるなど、市内全域で計51件の目撃情報が寄せられているという。県と市はこの日、同市金城町の金城中学校で「クマの被害にあわないために」と題した出前授業をした。
 出前授業で、県西部農林振興センター林業振興課の静野誠子さん(38)が、今の時期のクマの特徴を説明。「すごく好奇心が強くて、普段出ないようなところにもいる」と注意を呼びかけた。対処法として「クマは本来臆病なので、鈴などを鳴らしてここに人間がいるということを知らせてほしい」とアドバイスしていた。
 参加した3年生の植田梨花さん(14)は「背中を見せて逃げてはいけないなど勉強になった」と話した。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP