ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

尾瀬のため、若い力貸して 尾瀬高と環境事務所、協定 /群馬県

 県立尾瀬高(沼田市)と環境省関東地方環境事務所は27日、尾瀬をはじめとする国立公園の保護管理や環境教育に関して連携を深める協定を結んだ。環境事務所によると、国立公園の保護管理で環境省が高校と提携するのは全国で初めてという。
 尾瀬高は「自然との共生」を図れる人材の育成を目指し、尾瀬ではニホンジカの調査やミズバショウの植栽に取り組んできた。シカの食害や入山者数の減少などさまざまな課題を抱える尾瀬にとって、地域の若い力が重要だとして協定を結ぶことになった。
 この日、1、2年生の約110人や環境事務所の自然保護官らが出席し、尾瀬高で協定を締結した。自然環境調査▽希少動植物の保護増殖▽自然体験▽普及啓発▽人材育成▽地域の活性化といった分野で協力を深めていく。尾瀬高が取り組むシカ調査のデータを環境事務所側に提供し、環境事務所は技術的な支援や、自然保護官らの出前授業などを想定する。
 シカ調査を続ける新井梓さん(2年)は「専門的な技術や知識を吸収して、尾瀬のために一緒に力を尽くしたい」。片品自然保護官事務所の庄司亜香音自然保護官(29)は「情報を共有して、調査をより良いものにしたい」と話した。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP