ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

「大学の危機」ノーベル賞学者ら発信 白川氏・梶田氏ら、団体を立ち上げ

 「大学は深刻な危機にある」。こう心配するノーベル賞受賞者の白川英樹・筑波大名誉教授や梶田隆章・東京大宇宙線研究所長ら、51人の大学関係者が呼びかけ人となり、社会に大学の現状を伝えていくための団体が13日に設立された。シンポジウムを開くなどして情報提供し、大学を支える世論を作りたいという。
 団体は「大学の危機をのりこえ、明日を拓(ひら)くフォーラム」。教育・研究を支える公費が足りないうえ、絶えず改革が求められている大学の現状を「危機」とみている。電気を通すプラスチックを開発してノーベル化学賞を受賞した白川氏は「教育や研究が弱体化、衰退している懸念をぬぐい去れなかった」と呼びかけ人に加わった。会見で「今の環境では、私の研究は無理だっただろう」と述べ、研究費の配分方法の改善などを求めた。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP