ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

首にトゲトゲ、ツッパリ恐竜 身を守る?異性にアピール? アルゼンチン

 首に鋭いトゲが生えた新種の草食恐竜の化石が、アルゼンチンで見つかった。研究チームは、背中にかけて2列のトゲが並んで生えていたと想像しており、肉食恐竜から身を守ったり、異性をひき付けたりするためだった可能性があるという。
 アルゼンチン科学技術研究委員会などのチームが科学誌サイエンティフィック・リポーツで発表した。
 研究チームのパブロ・ガリーナ氏によると、恐竜の首や頭部の化石の一部が、約1億4千万年前の白亜紀の地層から見つかった。長い首を持ち、4本脚で歩く竜脚類の仲間で、地層の名前にちなみ「バハダサウルス」と名付けた。首の化石は一つしか見つかっていないが、鋭く長い2本のトゲが突き出ていた。体長は9メートルと推定しているという。
 アルゼンチンで見つかった別の白亜紀の竜脚類「アマルガサウルス」にも背骨に似たようなトゲがあり、異性へのアピール、体温調整に使われたなどの説がある。
 恐竜化石に詳しい林昭次・岡山理科大講師は「一部のカメレオンなどのオスは背骨のトゲで『帆』を作り、メスを誘う。バハダサウルスのトゲも同じ可能性があり、興味深い。ただ、一部の骨しか見つかっておらず、機能を推測するのは難しい」と話している。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP