ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

AI桜開花予想、早めの3月24日 島津製作所子会社 /京都府

 今年の京都の桜の開花は、例年より4日早い3月24日。満開は3日早く4月2日。そんな予想を、島津製作所の子会社「島津ビジネスシステムズ」(中京区)の人工知能(AI)がはじき出した。
 サイト上やスマートフォン向けアプリで気象情報を提供する同社は、2010年から桜の開花予想を始め、昨年からAIを導入した。AI予想では、今年の桜は全国的に開花、満開とも早めだ。
 桜の名所など約1千カ所の開花状況のデータ10年分(約98万件)と、気象庁のアメダス(地域気象観測システム)の気象データ20年分(約10万件)をAIが学習し、自動的に予想する。
 同社のサイト「お天気☆JAPAN」(http://www.otenki.jp/sp/)では18日、北海道と沖縄を除く45都府県の標本木の開花と満開日の予想を載せた。
 3月上旬からは、全国の約1千カ所について、開花、五分咲き、七分咲き、満開、散り始め、終わりの6段階を予想する。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP