ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

脅かされる干潟 埋め立てや海面上昇、33年で16%減

 世界の干潟は1984年からの33年間で、世界の16%にあたる約2万平方キロが失われたと、豪クイーンズランド大などの研究チームが発表した。世界規模での分析は初めてといい、人口増加による埋め立てなどの沿岸開発、地球規模の海面上昇などが原因だとしている。英科学誌ネイチャーに掲載された。
 干潟は、たくさんの生きものの生息地で、水質を浄化する働きがある。また、二酸化炭素を吸収したり、海岸線の浸食を抑えたりするほか、食料生産の場にもなっている。
 研究チームは地表の衛星画像70万枚超を分析し、干潟の変化を調べた。世界の干潟は2014~16年時点で少なくとも約13万平方キロあり、44%がアジアに集中していた。研究チームは「地球環境にとって大切な干潟の変化が見過ごされてきたが、人間によって脅かされていることが明らかになった」としている。
 

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP