ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

EU、30年に37.5%減合意 車CO2排出量

 欧州連合(EU)が検討する新車の乗用車に課す二酸化炭素(CO2)排出量の新規制案について、欧州議会と、加盟国でつくる閣僚理事会は17日、2021年時点の排出削減目標から、さらに30年に37・5%減らす内容で合意した。EU域内の自動車産業の競争力を強めることが主な狙いで、自動車メーカーの経営戦略に大きく影響しそうだ。
 EUの行政機能を担う欧州委員会のシェフチョビッチ副委員長(エネルギー同盟担当)は「我々の最終的な目標は、最もクリーンで最も競争力がある車を欧州で作ることだ」と強調した。ただ、EUの21年時点の目標は世界で最も厳しいとされる。さらに厳しくする新規制に対し、欧州自動車工業会は早速、「規制案は現在の状況を考えると全く非現実的。技術的、社会経済的な現実を考慮していない」などと強く懸念する声明を出した。
 21年比のCO2削減目標を巡ってはEU内でも意見が割れ、欧州委が30%、閣僚理事会が35%、欧州議会が40%を主張していた。規制案は今後、欧州議会と理事会がそれぞれ正式に承認する必要がある。(ブリュッセル)

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP