ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

エコに新「木」事業 くず使って航空燃料に 中部電力

 国産の木くずを原料にした航空機用「バイオジェット燃料」の製造に中部電力が乗り出す。来夏までに新名古屋火力発電所(名古屋市)に生産設備を建設。将来の事業化を視野に、日産20リットルの体制を整える。
 中部電が新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証事業に参画し、木くずをガス化したり、液化したりする設備をそろえる。宇宙航空研究開発機構(JAXA)などとも協力し、バイオジェット燃料を一貫製造する技術の確立を目指す。
 NEDOは2030年ごろにバイオジェット燃料を商用化する構想を持っている。そのため、木くずと藻を原料とする二つの実証事業を進めている。NEDOによると、20年の東京五輪・パラリンピック開催時に、今回の実証事業でつくられた燃料を使って航空機を飛ばす可能性もあるという。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP