ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

(2030 SDGsで変える)気候変動対策、東京五輪組織委も スポーツ界の新枠組み発足

 世界のスポーツ団体やチームなどが気候変動問題に挑む新たな枠組みが11日、ポーランドで開催中の第24回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)で発足した。国際オリンピック委員会(IOC)などが具体的なガイドライン作りにあたり、2020年東京、24年パリ両五輪の大会組織委員会も参加を表明した。
 新枠組みは、気候変動対策をスポーツで身近に感じてもらうのが狙い。
 11日の発足イベントには、IOCやテニスの全仏オープンの主催者、セーリングの国際統括団体ワールドセーリングなどが参加。日本からはJ2甲府の佐久間悟ゼネラルマネジャーが登壇し、スタジアムでの再利用食器の導入などで65トンの二酸化炭素を削減したことを紹介。「小さいクラブが、世界に発信することに意義がある」と語った。栃木県立佐野高校ラグビー部主将の渡来遊夢(わたらいゆうむ)さん(17)も会場で様子を見守った。
 このほか、J3福島、京大のアメリカンフットボール部とサッカー部など5団体も参加を表明しており、ワーキングチームを作って具体的な活動をしていく。(ポーランド南部カトビツェ)

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP