ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

パリ協定の削減目標「5倍に」 平均気温上昇、1.5度未満達成には 国連環境計画が報告書

 国連環境計画(UNEP)は27日、世界の平均気温上昇を1.5度未満に抑えるには、地球温暖化対策「パリ協定」で各国が掲げる温室効果ガスの削減目標での削減量を、5倍に高める必要があるとの報告書を公表した。来月2日から始まる国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP24)で、各国政府に早急な対策強化を求めている。
 パリ協定は、世界の平均気温上昇を産業革命前に比べて2度未満、できれば1.5度までにおさえることを目指す。これに基づき、各国は2025年または30年までの温室効果ガス排出量の削減目標を掲げている。
 報告書は各国が掲げる目標を積み上げた削減量と、パリ協定達成に必要な削減量にどれぐらいの差があるかを評価した。世界全体の削減量目標を2度未満で現状の3倍、1.5度未満で5倍に高める必要があると指摘。今の目標のままでは今世紀末には平均気温は3.2度前後上がると予測している。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP