ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

木の仕事を体感 高島・朽木中 /滋賀県

 林業が盛んな高島市朽木地区の良さを体感してもらおうと、高島市立朽木中学校の2年生12人が7日、学校林にイロハモミジを植樹し、市森林組合でチェーンソーを使って丸太切りなどに挑戦した。
 同校の体育館の大屋根などには、学校林から伐採された約400本の杉を含む地区内の木材約1600本が使われている。地区の林業の現状や学校林について知ってもらおうと、3年前から「ウッドジョブ体感事業」を開いている。
 生徒たちは杉が伐採されて木が生えていない学校林の斜面にスコップで穴を掘り、イロハモミジを植え付けた。この後、NPO法人麻生里山センター理事の海老沢秀夫さんの案内で森林公園くつきの森を散策し、今秋の台風21号の倒木被害を確認した。
 

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP