ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

「雪のないスイス」拡大 国土の36%→44%

 温暖化で山岳国スイスから雪が消えつつある?――。スイス・ジュネーブ大などの研究チームは、同国内の44%で降雪がほぼない、とする研究結果を発表した。「おそらく地球温暖化と関連しているだろう」としている。
 スイスは九州より1割ほど広い内陸国。研究によると、チームは22年間分の衛星写真を分析。降雪がないかとても少ない地域は、1995年~2005年に国土の36%だったが、05年~17年は44%に拡大。雪が降らない面積は千葉県相当の約5200平方キロも増えたという。
 「万年雪」の地帯は1995年~2005年は国土の27%を占めたのに対して、現在までに東京都の面積相当の約2100平方キロ減って、23%になったとしている。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP