ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

首長竜と翼竜、同じ地域に共存 北海道の地層から化石発見

 北海道三笠市の白亜紀中期(約1億年前)の地層から、大型爬虫(はちゅう)類の首長竜と翼竜の化石が見つかった。首長竜と翼竜は白亜紀に生息していたが、同じ地域で共存していたことを示す証拠は少なかった。
 東京都市大などの研究チームは、約1億年前の地層「三笠層」から、首長竜の首の骨と翼竜の足の骨の化石を見つけた。同じ地層からはサメや二枚貝、アンモナイトの化石も見つかった。白亜紀には周辺は浅い海だったとみられる。
 中島保寿・東京都市大准教授(古脊椎〈せきつい〉動物学)は「様々な生物の化石が見つかっており、大型の捕食動物が共存できるほど生態系が豊かだったのだろう」と話している。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP