ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

「SDGs」学ぼう 国連の「持続可能な開発目標」 札幌、芸人らと歩く催し /北海道

 国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs〈エスディージーズ〉)を歩きながら学ぶ「SDGsウォーク2018」(吉本興業、NPO法人札幌歩こう会主催)が4日、札幌市内であった。市民らが、吉本興業の芸人やアスリートと一緒に歩きながら、学んだ。
 コースは中島公園(同市中央区)を1周する2キロと、中島公園から北海道大学の構内を折り返す10キロの二つ。参加者はチェックポイントで、貧困の撲滅など17分野の目標のうち、関心のある分野の缶バッジをもらえる。
 吉本興業は「お笑い」を通じてSDGsの理解を深める活動を続けている。この日司会を務めたお笑いコンビ「次長課長」の河本準一さん(43)は「ファンの方と近い距離で話せて良かった。2030年に社会を担う今の子どもたちにSDGsを知って欲しい。僕たちの活動がそのきっかけになれば」と意気込んだ。
 札幌市中央区の後藤花歩さん(10)は「SDGsは聞いたことなかったけど、世界には安全な水を飲めない人もいると知り、節水を心がけようと思った」と話した。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP