ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

ウチダザリガニどんな味? 鶴居で試食体験会 /北海道

 釧路湿原に生息、繁殖している特定外来生物のウチダザリガニを捕獲して、試食する体験会が鶴居村で29日にあり、親子連れら約40人が参加した。
 釧路湿原国立公園ボランティア・レンジャーの会などの主催で今回が7回目。同村の温根内ビジターセンター近くの川に仕掛けたカゴ網でウチダザリガニ138匹を捕獲し、重さや体長を計測した。
 ウチダザリガニは雑食で、湿原内のニホンザリガニの生息に影響を与え、最近ではシシャモの卵も狙われているという。一方で、フランスでは食材として使われており、この日は塩ゆでにして味わった。
 毎回参加しているという釧路市の小学6年、樋渡俊翔さん(11)は「カニを加工したような味でおいしかった」。ボランティア・レンジャーの会の山岸彬代表(75)は「こうした体験を通して、ウチダザリガニが湿原の生態系を壊していることを知ってもらえればいい」と話していた。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP