ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

酸性化の進む海、生態系に影響は 将来の姿、探る糸口に 式根島付近で調査

 都心の南約160キロ、式根島(東京都新島村)近くの二酸化炭素が噴き出す海底で、筑波大の研究者らが「海洋酸性化」の影響を調査している。大気中の二酸化炭素濃度が上昇した影響で、海では酸性化が進んでおり、生態系への影響について研究者の関心が高まっている。

 6月、記者が潜水調査に同行した。式根島南側、御釜湾近くの深さ10メートルほどの海底で、砂を巻き上げながら泡がぼこぼこと噴き出していた。手を近づけると熱く、あちこちから立ち上る泡は光るカーテンのようだ。地元のダイバーたちは「海中温泉」と呼ぶ。
 筑波大下田臨海実験センターの和田茂樹助教(生物海洋学)によると、噴き出す気体は、ほぼ二酸化炭素。硫化水素はほとんど含まれない。海水の表面付近の水素イオン濃度指数(pH)は一般的に8・1程度で弱アルカリ性だが、式根島の噴出場所では酸性に近づき、pHが7前後。同じような環境はイタリアのイスキア島やパプアニューギニア、硫黄鳥島などでしか報告されておらず、なぜ二酸化炭素が噴き出すのか、詳しい理由はわかっていないという。
 筑波大のメンバーは4年前から年10回ほど式根島で潜って調査。噴出場所から約100メートル離れたpH7・5~7・9のエリアと酸性化の影響がないエリアで、海藻の光合成や生育への影響を比較している。
 噴出場所に近い所ではサンゴが見当たらず、海藻がはうように広がる。石灰質の構造をもつ「石灰藻」と呼ばれる藻も少ない。他の海域とは魚の種類も違うという。
 和田助教は「酸性化の影響で、魚など多様な生物をはぐくむサンゴや海藻が失われていく可能性がある。酸性化が進んだ『将来の海』をここで観測し、何が起こるのか知りたい」と言う。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP