ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

陸前高田、8年ぶり海開き /岩手県

 東日本大震災で大きな被害を受けた陸前高田市の海水浴場が20日、8年ぶりに海開きした。この夏、岩手、宮城、福島各県の沿岸では24カ所で海開きが行われるが、震災前の3割にとどまっている。
 この日、海開きした広田海水浴場では、砂浜の感触を確かめながら波打ち際で遊ぶ親子連れの姿があった。娘2人と訪れた陸前高田市広田町の主婦三井美帆さん(28)は「きれいな海なのに今まで入れないのが残念だった。これから毎日のように遊びに来たいです」と話した。
 震災前、市内にあった2カ所の海水浴場は津波で休憩施設などが流された。「奇跡の一本松」が残る高田松原の海水浴場は砂浜の復旧工事が続いている。
 田野畑村では、かつて二つあった海水浴場が防潮堤工事のため使えない状態だ。石原弘村長は「海に接する村で、子どもたちが海で泳ぐ機会がなくなるのはよくない」と、26日から臨時の海水浴場を机浜に開設。8年ぶりの海開きをする。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP