ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

沖ノ島環境保全、協力金集め開始 館山 /千葉県

 「歩いて渡れる無人島」として多くの来訪者がある館山市の沖ノ島で14日、市が環境保全協力金の呼びかけを始めた。大量に出るごみの処理や環境美化活動費の一部負担に協力を求めるもので、海水浴場開設期間の8月31日まで続ける。
 昨夏初めて実施し、協力金は29万6650円が集まった。今夏はより多くの協力を得ようと、島に通じる市道入り口で協力を呼びかけるチラシを配った。島近くに臨時観光案内所を開設し、協力金を受け取る。帰りの人も協力しやすいよう、高ノ島公園付近にも臨時の受付場所を設けた。
 東京都江戸川区から家族5人で来た公務員の男性は「沖ノ島はインターネットで知り、すてきな場所なので初めて来た。(協力金は)工夫した取り組みだと思うので協力したい」と話した。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP