ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

県産材活用「香り」会議 /山形県

 豊富な県産材をアロマオイルなどの素材として活用することを目指す会議が、県庁で開かれた。商品開発に取り組む県内の事業者ら約20人が出席し、取り組みについて意見交換した。
 県は、森林資源を生かして地域活性化を図る「森林(モリ)ノミクス」を推進している。樹木に含まれる香り成分の活用もその一環。5日の会議には村山、最上、置賜でクロモジやタムシバ、杉から精油やアロマオイルを抽出している4事業者が参加。新商品のアイデアや消費者に浸透させるための工夫などを話し合った。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP