ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

公用車カーシェア、気仙沼市実証試験 8月から、観光客や市民らと /宮城県

 気仙沼市は公用車にカーシェアリングを導入できるかを検討するため、8月から実証試験を行う。市議会6月定例会で、事業費約500万円を盛り込んだ今年度一般会計補正予算案が可決された。
 市が使わない時間帯や週末などは観光客や市民らも利用でき、車両の維持管理を民間に任せるため経費削減も期待できるという。
 総務省の「シェアリングエコノミー活用推進事業」の一環。民間のカーシェアリングに加入し、公務で必要な時にだけ車を利用する。実証試験では2台分を契約、車は市の駐車場に置く。来年2月まで効果や課題などを探る。
 市の公用車は、リースを含めて394台。課単位で管理しているが、ほとんど平日利用で週末は使わないことが多いといい、こうした資産のスリム化につながる可能性もある。
 総務省地域政策課の担当者によると、同様の取り組みは東京や大阪の一部で行われているが「まだ珍しい取り組み」。「観光客の移動手段の確保と市の経費削減が両立できるのか、効果をしっかり検証したい」とし、結果次第では全国展開も検討するという。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP