ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

ヤマメ×イワナ、希少種カワサバ 大田原で特別展示 /栃木県

 ヤマメとイワナの交雑種でカワサバと呼ばれる希少種が、大田原市佐良土の県なかがわ水遊園で特別展示されて人気を集めている。
 4月上旬に那須の河川で地元の人が釣り上げたが、「見たことがない」と同園に持ち込んだ。体の模様がまだら模様でサバに似ていることからカワサバと呼ばれる。体長は約15センチで、単独の水槽で特別展示している。
 ヤマメとイワナは本来は生息域が違い、同じ川にいても交配することはないが、ダム建設や放流などで生息場所が変化して、生まれたという。自然界でもまれな珍しい魚で、評判を聞き見に来る人もいるという。
 同園では「以前も持ち込まれたことがあるが、その時はすぐに死にました。展示は今回が初めて。元気に泳いでいます」と話す。大きくなると30~50センチぐらいになるという。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP