ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

カワウソ、3匹以上生息か 対馬で調査

 環境省は28日、昨年に国内で38年ぶりに野生のカワウソが見つかった長崎県の対馬で、少なくともオス2匹とメス1匹のユーラシアカワウソが生息している可能性が高いとの調査結果を発表した。韓国から流れ着いたとみている。
 カワウソは昨年2月、琉球大学が設置した自動撮影カメラに写り込んだ。環境省は島内の河川沿いなどを調査。フンに含まれるDNAなどを分析、オス2匹とメス1匹のものと判明した。オスのうちの1匹とメスはDNA型が類似しており、親子やきょうだいの可能性もあるという。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP