ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

さいたま、盆栽ますます熱く 美術館来館者、最多9万6000人 昨年度 /埼玉県

 さいたま市大宮盆栽美術館の昨年度の年間来館者数が、2010年3月の開館以来過去最高の延べ約9万6千人に上った。昨年4月に同市で開かれた世界盆栽大会にともない、国内外から多数の愛好家が訪れた波及効果で前年度より2万人以上増えた。
 同館は11年3月の東日本大震災の影響で11、12年度の来館者数は5万人前後と低迷したが、その後は知名度アップやリピーターの増加で年度ごとに増加。昨年度は世界盆栽大会があった4月27日からの4日間だけで1万2350人が来館するなど、前年度より27%多い9万6001人となった。
 日本の代表的な伝統文化の「BONSAI」への国際的な関心の高まりで、外国人の来館者も昨年度は82カ国・地域から前年度比37%増の6225人に上った。
 同美術館では、今年度は秋季特別展として世界的な盆栽家、木村正彦氏の個展を開催。前々年度実績(約7万6千人)以上の年間来館者数を確保することを目標としている。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP