ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

倒木で2000GT大破 県、1787万円払い和解 /富山県

 南砺市菅沼の国道156号で2014年、スポーツカー「トヨタ2000GT」が倒木で大破し、所有者の奈良県の男性らが木のあった国有地を管理する県に損害賠償を求めた訴訟は28日、富山地裁で和解が成立した。県が約1787万円を支払う。
 訴状などによると、車は所有者の男性が3500万円で購入。14年6月、別の男性が運転中に事故が発生し、軽傷を負った。同地裁は県について「管理体制に再考の余地がある」として和解を提案していた。
 所有者の男性は「全国で沿道の樹木の管理体制が少しでも見直されればいい」とコメントを出した。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP