ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

首位から2位、山梨ダウン 首都圏在住者が望む移住先 /山梨県

 NPO法人ふるさと回帰支援センター(東京都)は首都圏に住む人に聞いた「移住希望地域ランキング」(2017年)を発表した。前年首位の山梨は2位。長野が1位だった。ここ5年間、山梨と長野が首位の座を争っている。
 移住を考えている人に情報を提供する東京・有楽町の「ふるさと暮らし情報センター」で来場者に複数回答で聞き、約8500人が答えた。
 順位は(1)長野(前年2位)、(2)山梨(1位)、(3)静岡(3位)、(4)広島(4位)、(5)新潟(8位)など。年代別では、山梨は60、70代で1位、30、40、50代で2位、20代以下で6位だった。
 支援センターによると、今回は若年層の移住希望者が増え、「就労の場があること」を条件とする相談者が多かったという。また山梨、長野はUターン希望者からの人気が低調だといい、嵩(かさみ)和雄副事務局長は「両県の差はわずかなので、若者やUターン希望者からの人気を上げることが首位となる一つのポイントだろう」と話している。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP