ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

野生鳥獣による農作物被害金額、4年連続の低下

2016年度の野生鳥獣による農作物被害は、被害金額が約172億円で前年度に比べ約5億円減少(対前年3%減)、被害面積は約6万5000haで前年度に比べ約1万6000ha減少(対前年19%減)、被害量が約49万tで前年に比べ約1万t減少(対前年2%減)していた。.主要な獣種別の被害金額については、シカが約56億円で前年度に比べ約3億円減少(対前年5%減)、イノシシが約51億円で前年度に比べ約6000万円減少(対前年1%減)、サルが約10億円で前年度に比べ約6000万円減少(対前年5%減)となった。被害金額は2012年度の230億円から徐々に減ってきており、これで4年連続で低下している。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP