ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

林業用アシストスーツで作業負担を17%軽減

住友林業(株)と森林総合研究所、(株)ATOUN、奈良先端科学技術大学院大学で構成する林業用アシストスーツ研究開発コンソーシアムは、作業者の筋力負荷を17%軽減できる林業用アシストスーツ「TABITO-03」を試作し、これを11月29日~12月2日に東京で開催される「2017国際ロボット展」に展示する。2025年の実用化を目指して、さらに開発を進めていく。

 

造林作業では、多種多様な地形や路面状況に対応する必要がある。急峻な山林内で、作業者は急斜面を蛇行しながら登って現場に向かう。林業用アシストスーツが実用化されれば、体力の消耗を気にすることなく、最短距離で上り下りができるようになり、作業効率の大幅な改善が期待される。

 

「TABITO-03」は、そうした傾斜面の歩行を支援する林業用アシストスーツだ。足の裏に配置した圧力センサーと各関節の角度センサーで作業者の姿勢を読み取り、動くタイミングに合わせてモータが駆動する。上り坂では足の振り上げと踏み込みをアシストすることで作業者の体を持ち上げ、踏み込む足を楽にする。下り坂では膝の動きにブレーキを掛けることで装着者の膝への負担を軽減する。モータを腰の左右に各1個、膝に各1個の計4個使用し、バッテリーで駆動させる。駆動時間は3時間。

 

今回開発した「TABITO-03」により、林業従事者の筋力負荷を最大17%軽減できるようになった。林業分野で負荷低減をデータ化したのは今回が初めて。また、背負っている苗木や植栽器具など数十kgの荷物の重さをアシストスーツに預けることで、作業者の肩や足への負担がさらに軽減される。今後検証を進め、造林作業の労働負担を20%軽減できる実用機の早急な開発を目指す。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP