森林文化協会からのお知らせ
国際森林デー

国際森林デー2019「みどりの地球を未来へ」が開催されました

 国連総会で創設された国際森林デー(321日)にちなんだイベント「国際森林デー2019 みどりの地球を未来へ」が23日、江東区新木場の木材・合板博物館で開催されまし%e5%af%be%e8%ab%87%e2%91%a0た。森林や樹木への意識を高めるための行事で、在日大使館員や留学生、家族連れ、中高生ら約370人が参加、文化庁、林野庁の両長官による対談や木工教室、コンサートなどを楽しみました。

 宮田亮平文化庁長官と牧元幸司林野庁長官が「次代へつなぐ森林(もり)と木の文化」をテーマに対談。「お楽しみコンサート」では豊島岡女子学園中学・高校コーラス部が「美女と野獣」などを歌い、ソプラノ歌手の雨谷麻世さんと留学生らが「ふるさと」を合唱しました。木工教室では親子で木の小皿づくりなどに挑戦しました。

 主催は森林文化協会、林野庁、国土緑化推進機構、オイスカ、樹木・環境ネットワーク協会、PHOENIXTOBUSA。後援は朝日新聞社など。

 写真は上が文化庁、林野庁両長官による対談。下は左から豊島岡女子学園の合唱、歌手雨谷麻世さんと仲良しダンサーズ、木工教室。

 

 

%e8%b1%8a%e5%b3%b6%e5%b2%a1%e2%91%a0%e6%9c%a8%e5%b7%a5%e6%95%99%e5%ae%a4%e2%91%a1%e9%9b%a8%e8%b0%b7%e9%ba%bb%e4%b8%96%ef%bc%8b%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%83%bc%e3%82%ba

 

PAGE TOP