森林文化協会からのお知らせ
つくば万博の森

記念碑をきれいにします。

つくば万博の森も35年を経過しました。1985年に全国4万人以上の方から寄付をいただき、ヒノキ3万本、杉5千本を植え、その後、協会は下草刈り、枝打ち、間伐を施しました。今も毎月、見回りを地元の方にお願いしています。宝篋山(ほうきょうさん・461m)の頂上北側、山口コースを下った380m地点に記念広場があり、そこには寄付者41,959名の名前を銅板に刻んだ記念碑が立っています。

今年は、記念碑を洗浄し、広場にベンチ・テーブルを設置し、案内看板も再度整えます。森林も部分的に間伐、枝打ちを施します。

宝篋山は、今や年間10万人の方が登山する人気の山です。地元のNPOの皆さんを中心に登山道は整備されています。ぜひ、万博の森、記念広場にもお立ち寄りください。

35年を経たヒノキ林  記念碑に名前を見つけて満足した登山者

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP