森林文化協会からのお知らせ
講座・シンポジウム

「木の文化で世界とつながる」山田五郎さんが講演 「国民参加の森林づくり」シンポ、東京で開催 

%e5%b1%b1%e7%94%b0%e4%ba%94%e9%83%8e%e3%81%95%e3%82%93

2017年の「国民参加の森林(もり)づくり」シンポジウムが10月21日(土)、東京・新木場の木材会館で開かれ、約200人が参加しました。来年秋に都内で開催される「第42回全国育樹祭」のキックオフイベント。「育樹から 木のある暮らし つないでく」をテーマに、基調講演やパネルディスカッションなどがありました。主催は都、国土緑化推進機構、朝日新聞社、森林文化協会。

編集者・評論家の山田五郎さんが「『木の文化』でつながる世界」をテーマに基調講演。「木の文化は、四季の変化に恵まれた日本で特有のものだと思われがちだが、実はグロ-バルで普遍的なもの」「森林の木々が、それぞれの地域に固有の文化を育てるのと同時に、異文化をつなげる接点にもなっている」などと、豊富な経験と知識を織り交ぜながら独自の切り口で語りました。

%e3%83%91%e3%83%8d%e3%83%ab%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3 続くパネルディスカッションは「東京発 木のある暮らしとサステナブルな未来」がテーマ。宮林茂幸東京農業大学教授がコーディネーターを務め、パネリストの田中惣一さん(田中林業代表取締役)、古川大輔さん(古川ちいきの総合研究所代表取締役)、石井今日子さん(東京おもちゃ美術館副館長)が登壇。東京の森林の現状や林業の課題、木材の有効活用や新たな可能性などについてそれぞれの立場からの意見や報告があり、最後は「木材利用の文化を東京から全国に発信していこう」という呼びかけで、議論を締めくくりました。

PAGE TOP