森林文化協会からのお知らせ
報告

木に触れることの大切さ ドイツの幼稚園で木育の原点を学ぶ

シュタイナー

シュタイナー

森や木に触れながら人間性を育む「木育」の原点を、「森の国」ドイツで学ぶ幼児教育研修旅行が6月18日から8日間、実施されました。ドイツの伝統ある幼稚園などを訪れた研修の様子の一部をご紹介します。この旅行は森林文化協会が企画提携し、旅行実施の国際航空旅行サービスには写真も提供していただきました。

404%e3%83%95%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%99%e3%83%ab

フレーベル

ドイツでの木育研修旅行は2016年1月から3回目。神奈川県などの幼稚園・保育園の経営者、先生ら10人ほどが参加しました。

%e3%83%a2%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%83%e3%82%bd%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%81%8b%e3%81%88

モンテッソーリ

1、2回目で訪れた「幼稚園の祖」フレーベル、シュタイナー、モンテッソーリの各園のほか、今回は「創造性を育む環境づくりの中、自主性と協調性の長期活動」のレッジョ・エミリアを実践する幼稚園も訪問しました。子どもたちを優しく包み込むように設計された独特の園舎や、ドイツならではの木製知育玩具を使って学ぶ子どもたちの様子などを見学、現場の先生方や経営幹部の方との熱心な意見交換や各種セミナーなどで交流を深めました。

775%e3%83%ac%e3%83%83%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%81%93%e3%81%a9%e3%82%82%e3%81%ae%e5%ae%b6

レッジョ・エミリア

「森の国ドイツの木育 幼児教育研修旅行」は来年1月にも実施する予定です。

PAGE TOP