森林文化協会からのお知らせ
報告

春の段畑で崔宗宝さんが「にほんの里100選」コンサート、愛媛・宇和島

%e6%84%9b%e5%aa%9b%e2%91%a0「にほんの里100選」各地を訪ねてボランティアでコンサートを開いている中国・北京出身のオペラ歌手・崔宗宝さんが4月16日(日)、愛媛県宇和島市の「遊子水荷浦の段畑(ゆすみずがうらのだんばた)」前の広場で歌声を響かせました。

%e6%84%9b%e5%aa%9b%e2%91%a1段畑はジャガイモの収穫最盛期。この日は「第16回ふる里だんだん祭り」があり、崔さんはステージイベントに登場。青空の下、真珠やタイの養殖いかだの浮かぶ静かな海辺の広場は初夏のよう。子どもたちを前に「荒城の月」や「アメイジング・グレイス」など世界各国の歌7曲を披露。最後の8曲目には子どもたちと遊子小学校の校歌を合唱しました。

遊子水荷浦の段畑は、江戸時代から先人たちが岬の急斜面に石を積み上げて開拓した農業遺産で、国の重要文化的景観に選ばれています。歌声は海に向かって屏風のようにそそり立つ石垣にこだましました。コンサートの後、崔さんは祭りのフィナーレを盛り上げるイベント「餅まき」にも参加。笑顔いっぱいに地域の人たちと里の春を楽しみました。

崔さんの歌を聴いた女子中学生たちは「声がきれい!」「すごい。日本の歌をよく知っている。これからも頑張って」とエールを送っていました。「にほんの里100選」コンサートは、朝日新聞社と森林文化協会が後援しています。 (文・写真:寺門充)

PAGE TOP