森林文化協会からのお知らせ
報告

にほんの里100選巡りコンサート・崔宗宝さん 山梨市牧丘町で50カ所目達成

崔50 全国の「にほんの里100選」選定地を訪ねてボランティアでコンサートを開いている中国・北京市出身のオペラ歌手、崔宗宝(さい・そうほう)さん(55)が、2015年11月14日(土)、山梨県山梨市の「牧丘・八幡」の地元、市立牧丘第一小学校での開催で50カ所目を達成しました(注)。同校PTA文化部主催の芸術鑑賞会として全校児童116人と保護者、教職員、崔さんの後援会員ら計約200人が参加。「ふるさと」の合唱で「折り返し点」到達を祝いました。
 同校は地域4校の統廃合で4月から新しい校名「笛川(てきせん)小学校」として同じ校舎で再出発します。
 この日はまず、古屋宗久校長が「にほんの里100選」について説明。来日して23年経つ崔さんは自己紹介で、日本の唱歌を中国の小学校で習ったことなどを話しました。
 日本の歌、中国の歌、世界の歌、オペラアリアの4部構成で、「荒城の月」「鐘が鳴ります」「万里の長城」「アメイジング・グレイス」「フィガロの結婚」など10曲を披露。子どもたちは、崔さんがマイクなしで体育館いっぱいにバリトンの歌声を響かせることに目を丸くし、歌の後には覚えたばかりの「ブラボー!」の掛け声も。最後に崔さんへのお礼として、校歌を元気よく合唱しました。
 6年生でサッカー選手志望の磯村瞭太君は「すごく響くきれいな声だった。校歌を一緒に歌えて記念になりました」と感想を述べました。音楽が大好きな金子遥香さんは「こんな近くで、生で聴けてうれしい。ピアノを弾きながら歌うのに感動しました」と目を輝かせていました。
 崔さんは「6年かけて50カ所達成できて感無量。できれば還暦を迎える2020年までに100カ所を達成したいです」と話していました。
 (注)森林文化協会ホームページ内「にほんの里100選」の中の「崔宗宝、バリトンの旅」に、これまでの演奏会の様子が報告されています。

PAGE TOP