森林文化協会からのお知らせ
報告

小春日和に紅葉や秋の花を楽しむ 皇居・東御苑

dscf1686-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc 森林文化協会が主催する野外セミナー「皇居・東御苑を楽しむ」が11月25日(日)に開かれました。宮城県から兵庫県まで、20代から80代までの約60名が参加。宮内庁庭園課OBの方たちによる植物や皇居、旧江戸城にまつわる解説を聞きながら3時間ほどの散策を楽しみました。
 この日は良く晴れた小春日和。本格的な紅葉を前にモミジは赤く、イチョウは黄に染まってきていました。風情を感じさせるススキの穂や、一面に咲く黄色いツワブキの花、小ぶりな実をたくさんつけたタチバナ、ピンク色の寒椿など、苑内は見ごろの植物がいっぱいでした。

img_9352-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

PAGE TOP