森林文化協会からのお知らせ
募集

第37回「日本の自然」写真コンテスト 応募作品を募集

いつまでも守り続けたい「日本の自然」をテーマに、風景や動植物、人間の営みなどをストレートに表現した作品を募集します。
カラー・モノクロの単写真(A4または四切のプリント)を対象にするプリント部門と、デジタルデータ(1点のデータ容量は10MB以内)を対象とするデジタル部門があります。
プリント部門は最優秀賞(賞金100万円、賞牌)や、審査委員賞、朝日新聞社賞、森林文化協会賞(いずれも賞金10万円、賞牌)などを、デジタル部門では最優秀賞・ソニー4K賞(副賞50万円クーポン、賞牌)、30歳以下の応募者を対象にしたソニーネクストフォトグラファー賞(副賞40万円、賞牌)などをそれぞれ選びます。
第36回森林文化協会賞は 井上正和氏の「雲海を纏う星峠の棚田」=写真=。300214%e6%a3%ae%e6%9e%97%e6%96%87%e5%8c%96%e5%8d%94%e4%bc%9a%e8%b3%9e%e3%80%80%e9%9b%b2%e6%b5%b7%e3%82%92%e7%ba%8f%e3%81%86%e6%98%9f%e5%b3%a0%e3%81%ae%e6%a3%9a%e7%94%b0%e3%80%80%e4%ba%95%e4%b8%8a
応募についての詳細は全日本写真連盟ホームページをご覧ください。
◆応募資格 プロ・アマチュア、年齢を問わず、どなたでも応募できます。
◆応募期限 2020年3月27日(金)必着。デジタル部門は、3月31日(火)まで応募を受け付けます。
◆結果発表 受賞者本人に直接通知します。朝日新聞紙上などでも発表します。
◆審査委員 写真家の中村征夫、福田健太郎、前川貴行、吉野信、米美知子の各氏と朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会の関係者。
◆主催 朝日新聞社、全日本写真連盟、森林文化協会
◆協賛 ソニーマーケティング株式会社

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP