ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

クマ出没相次ぎ、「警報」へ格上げ 県、3年連続 /秋田県

 県は26日、発令中だったツキノワグマ出没注意報を警報に切り替えると発表した。仙北市田沢湖玉川で23日に遺体で見つかった男性がクマに襲われた可能性が高いことや、昨年度を上回るクマの目撃情報が寄せられているため。警報発令は2016年9月、17年5月に続いて3度目となる。
 県自然保護課によると、今年度の県内でのクマの目撃情報は6月25日現在で399件。昨年度の同時期と比べて53件多い。同課は8月31日までを警報発令期間とし、特に玉川地区の国有林などへの入山を自粛するよう呼びかけている。クマの出没状況は、スマートフォンでも県のホームページで確認できる。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP