ニュースピックアップ
ニュースピックアップ

南アルプスの自然「豊かさを知って」 北杜で企画展 /山梨県

 ユネスコの生物圏保存地域「エコパーク」に登録されている南アルプスの自然を紹介する企画展が、北杜市長坂町富岡の市オオムラサキセンターで開かれている。
 エコパークは自然と人間社会の共生をめざす取り組み。南アルプスは3千メートル級の山岳地域に多くの固有種が生息し、2014年にエコパークに登録された。
 企画展ではライチョウやヤマドリ、カモシカ、ツキノワグマ、ニホンジカなどの剥製(はくせい)を展示。南アルプスで見つかった新種を含む昆虫標本も見られる。担当の冨樫和孝さん(26)は「展示を通じ、身近なところにある豊かな自然を知ってほしい」と話す。
 9月30日までの午前9時~午後5時(7~8月は午前8時半~午後7時)。月曜(祝日のときは翌日)と、祝日の翌日は休み。7月下旬~8月は無休。入館料は高校生以上420円、小中学生200円。問い合わせはオオムラサキセンター(0551・32・6648)へ。

森林文化協会からのお知らせ

東御苑だより

緑の情報アラカルト

ニュースピックアップ

PAGE TOP