緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

栃の実の仕組みに感心 頭に当たった痛みも忘れ・・・

%e6%a0%83%e3%81%ae%e5%ae%9f%e2%91%a0 東京都練馬区に住む会員の方が栃の実の写真にコメントを添えて送ってきてくれました――。
公園の池のほとりを歩いていたら、堅いものが落ちてきて、こつんと頭に当たりました。「痛っ」。落下物は栃(トチノキ)の実でした。
初めは憎たらしい存在でしたが、じっくり見るとなかなかきれい。堅い皮は地面に叩きつけられると、見事に3つに割れ、中から栗饅頭のような種子がころがり出てくるのです。
鮮やかな仕組みを見せられて、痛かったのも忘れ、自然の素晴らしさに感心させられました。
栃は葉も大きく、街路樹としても人気があります。でも、堅い実の落下は問題もあるようで、実は除去されてしまうのだそうです。どうりであまり見かけないと思いました。
私も頭に栃の実の直撃を受けましたが、秋を知らせてくれるうれしい痛みでした。

PAGE TOP