緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

ハンカチノキの「花」がたくさん咲いていました 小石川植物園

%e3%83%8f%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%81%e3%83%8e%e3%82%ad%e5%86%99%e7%9c%9f%e3%81%8b%e3%81%88-3ゴールデンウィークの5月3日、東京・文京区の小石川植物園(東京大学大学院理学系研究科附属植物園)を訪れました。ツツジをはじめ色とりどりに咲く花や新緑が映える木々の中を歩きました。池ではオタマジャクシが泳ぎ、アオスジアゲハが花から花へ気持ちよさそうに飛んでいました。

見どころいっぱいの中で最も印象が残ったのがハンカチノキ。文字通りハンカチのように見える大きな白い「花」がたくさん、枝から垂れ下がるように咲いていました。ハンカチノキは中国の固有種で海抜2千メートルの森林に自生しているそうです。木のそばにあった解説によると、「名前のもととなった2枚の白い小さなものは花を飾る特殊化した葉であり、植物学的には苞と呼ばれる。その下(内側)にある球状のものは花弁のない小さな花の集まり(花序)である」ということです。

 

PAGE TOP