緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

紅葉をライトアップ、幻想的な景色も 六義園(東京)

%e5%85%ad%e7%be%a9%e5%9c%92%e2%91%a0%e5%85%ad%e7%be%a9%e5%9c%92%e2%91%a2

首都圏の公園などで紅葉のライトアップが行われています。11月下旬の夜、東京都文京区にある国指定特別名勝「六義園」を訪ね、ライトアップされた晩秋の大名庭園を散策しました。

照らされて紅や黄に輝く木々の姿と、それらが池の水面に反射した姿とが織りなす上下対称の美しい景色を、多くの人が足をとめて見つめていました。青い光を浴びたミストが木々の根元あたりを漂い、幻想的な雰囲気をかもし出している場所もありました。ライトアップの期間は11月19日~12月7日。

六義園は5代将軍徳川綱吉の側用人を務めた川越藩主、柳沢吉保によって造られた和歌の趣味を基調とした回遊式築山泉水庭園。明治期には三菱の創業者、岩崎弥太郎の別邸になりました。

PAGE TOP