緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

農山村の風景・暮らしを描いた型染め版画展、神奈川県鎌倉市で 

%e5%9e%8b%e6%9f%93%e3%82%81%e7%89%88%e7%94%bb%e3%83%bb%e7%94%b0%e4%b8%ad%e6%b8%85%e3%81%95%e3%82%93農山村に日本の原風景を見て、それを描く型染版画家の田中清さん(69)=個人会員、写真=が、神奈川県鎌倉市山ノ内の東慶寺ギャラリー&ショップで個展「自然と生活のゆらぎ」を開いています。11月13日(日)まで開催。

兵庫県朝来市生まれ。渋紙(型紙)を版材として丹念に彫り抜き、墨で和紙を染める「型染め版画」。根気の要る仕事を40年以上手がけてきました。田中さんが各地で取材を続ける農山村の風景は、人と自然がかかわり合う里地・里山の姿と重なります。四季の景色や竹林、筍、蕗のとう、とうもろこし、蚕、蓑虫など身近な素材を描いた約45点を展示しています。

PAGE TOP