緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

京都の森と木の文化を披露 全国育樹祭

%e4%b8%b8%e5%a4%aa%e7%a3%a8%e3%81%8d%ef%bc%882016%e5%85%a8%e5%9b%bd%e8%82%b2%e6%a8%b9%e7%a5%ad%ef%bc%89第40回全国育樹祭の式典が10月9日、京都府南丹市の府立府民の森ひよし(STIHLの森 京都)で開催されました。今大会のテーマは「育樹の輪 ひろげる森と 木の文化」です。皇太子さまのおことばに続き、緑化活動に貢献した個人・団体が表彰されました。「京都の森と木の文化」を紹介するアトラクションでは、北山杉の枝打ちや丸太磨き=写真=、釿(ちょうな)始めの儀式などが披露されました。
40回の節目を迎えた全国育樹祭は、前日の8日に府立山城運動公園ふれあいの森(宇治市)で始まり、1991年の第42回全国植樹祭で天皇、皇后両陛下が苗木を植えられた北山杉としだれ桜を、皇太子さまがお手入れしました。
第41回全国育樹祭は来年秋、香川県で開催されます。

 

PAGE TOP