緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

キキョウの花、清々しく 旧芝離宮恩賜庭園

 6月23日(日)、いまに残る最も古い大名庭園といわれる東京都港区の旧芝離宮恩賜庭園を訪れました。
 「大泉水」という名の池を中心にした回遊式庭園で、「枯滝」などの石組みも見事です。開園は1924年4月20日、開園面積は約43,175平方メートル。JR浜松町駅のすぐ近くにあり、周囲を高層ビルや鉄道、首都高などに囲まれています。
 この日は厚い雲に覆われた梅雨らしい空模様。園内に入ると、清々しく咲くキキョウの花が目に留まり、近くにはギボウシやツユクサの花も。池の周りにはクロマツやタブノキ、クスノキなどが植えられ、アジサイとガクアジサイが淡い青色などの花をたくさん咲かせていました。

%e3%82%ad%e3%82%ad%e3%83%a7%e3%82%a6

%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%b5%e3%82%a4

PAGE TOP