緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

19.4.18玉原パトロール報告「ツキノワグマが目覚めていました!」

 

 

%ef%bc%97%ef%bc%8e%e3%83%96%e3%83%8a%e5%b9%b3%e5%ae%9a%e7%82%b9%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%99%ef%bc%8e%ef%bc%94%ef%bc%8e%ef%bc%91%ef%bc%98%e7%8e%89%e5%8e%9f%ef%bc%89

ブナ平定点

10-%e3%83%95%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%83%88%e3%82%a6%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%99%ef%bc%8e%ef%bc%94%ef%bc%8e%ef%bc%91%ef%bc%98%e7%8e%89%e5%8e%9f%ef%bc%89

フキノトウ

11-%e3%83%8b%e3%83%9b%e3%83%b3%e3%83%9f%e3%83%84%e3%83%90%e3%83%81%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%99%ef%bc%8e%ef%bc%94%ef%bc%8e%ef%bc%91%ef%bc%98%e7%8e%89%e5%8e%9f%ef%bc%89

ニホンミツバチ

 「利根沼田自然を愛する会」は5月から群馬・玉原高原で定例自然観察会を始めますが、それを前に同会の古見満雄さんが最新情報を報告してくれました。現地はまだまだ雪の風景ですが、それでも漂い始めた春の気配が伝わってきます

 スキーパークの北側にありますレイクウッド・コースからブナ平~湿原を目指します。

 この行程は今シーズン初めてでしたので、スキーパーク・パトロール本部に挨拶後に入山でした。

 滑走者の邪魔にならないようにゲレンデを登ります。ブナ平への遊歩道入り口付近から夜後沢(みなかみ側)を意識しながら下るとブナ平に取り付く事が出来るのです。

 ブナ平に取り付いた付近で大型の獣の足跡を確認です。少し内股でノッシノッシと・・・、ツキノワグマだ! 指と足の裏の様子が解る足跡です! 足跡を追跡すると、途中で解けて不鮮明になっています。このことによって、本日の足跡ではなく、昨日か一昨日の足跡と想像しました。

 ブナの芽が膨らんでいます。本年も花を咲かす様子。獣達には平和なシーズンになりそうです。

 ブナ平の積雪はまだ1m程ありますが、湿原は雪解けが進み木道が解るようになってきました。環境センター前の道路は除雪が完了し、フキノトウが顔を出ていました。

 帰路、道路沿いのバッコヤナギが花を咲かせ、ニホンミツバチが足に花粉玉を作り、蜜集めに忙しそうでした。

4-%e3%83%84%e3%82%ad%e3%83%8e%e3%83%af%e3%82%b0%e3%83%9e%e8%b6%b3%e8%b7%a1%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%99%ef%bc%8e%ef%bc%94%ef%bc%8e%ef%bc%91%ef%bc%98%e7%8e%89%e5%8e%9f%ef%bc%89

ツキノワグマ足跡

5-%e6%8c%87%e3%81%8c%e8%a7%a3%e3%82%8b%ef%bc%81%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%99%ef%bc%8e%ef%bc%94%ef%bc%8e%ef%bc%91%ef%bc%98%e7%8e%89%e5%8e%9f%ef%bc%89

指が解る!

 

 

古見満雄

群馬県自然保護指導員 国有林野保護監視員
Nacs-J 自然観察指導員 森の博物館玉原楽迎員
利根沼田自然を愛する会 副会長

PAGE TOP