緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

19.3.3玉原パトロール報告「積雪少ない、3月下旬の様相」

3-%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%99uff0e%ef%bc%93uff0e%ef%bc%93%e7%8e%89%e5%8e%9f%ef%bc%89

環境センター(19年3月3日)

4-%e8%87%aa%e7%84%b6%e7%92%b0%e5%a2%83%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%bc%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%97uff0e%ef%bc%93uff0e%ef%bc%94%e7%8e%89%e5%8e%9f%ef%bc%89

環境センター(17年3月4日)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マメホコリ

10-%e3%83%9e%e3%83%a1%e3%83%9b%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%81%ae%e8%83%9e%e5%ad%90%e3%82%92%e9%a3%9b%e3%81%b0%e3%81%99%ef%bc%81%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%99uff0e%ef%bc%93uff0e%ef%bc%93%e3%81%9f%ef%bc%89

マメホコリの胞子を飛ばす!

%ef%bc%91%ef%bc%93uff0e%e6%b7%b1%e3%81%84%e7%88%aa%e7%97%95%e3%81%8c%e5%88%bb%e3%81%be%e3%82%8c%e3%82%8b%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%99uff0e%ef%bc%93uff0e%ef%bc%93%e7%8e%89%e5%8e%9f%ef%bc%89

深い爪痕が刻まれる

 群馬・玉原高原は例年に比べて気温が高くて雪も少ないようです。3月3日に現地を訪れた「利根沼田自然を愛する会」副会長の古見満雄さんからパトロール報告が届きました。「変形菌」探しに熱中したり、ツキノワグマの爪痕を見つけたりした活動の様子を紹介します。

 雪面はバリバリで、歩きやすくなっています。ただ雪が少なく3月下旬の様相です。

 センターハウスまでの道路除雪が済んでいますが、例年ならば、まだまだ降雪で埋まるはずですが本年は気温が高く、どの様になるのでしょう。

 環境センターに向かう途中に「ブナの湧き水」がありますが、雪が少なくカエルの石像が見えていました。それは雪の下で氷柱に囲まれて、春が来るのを祈っているようでした。

 環境センター前で積雪1m10cmです。2017年3月4日の画像も添付しますので、本年の雪の少なさが解ると思います。

 尼ケ禿山を目指しました。標高が高くなるにつれ気温が下がるのが解ります。急斜面でスノーシューが下方に流れるのを苦戦しながら何とか山頂にたどり着きました。ここ数日は風がきつかったのですが、お日様は望めませんが風が穏やかだったので、快適な歩行でした。

 昨年から、キノコでもカビでもないアメーバー動物の「変形菌」に我々は熱くなっているのですが、当然本日も変形菌探しに没頭してしまいました。玉原は変形菌が多く、シロジクモジホコリやマメホコリが確認できます。しかし、胞子を何時飛ばすのかが理解できていません。それでもマメホコリを押しつぶしたら、ホコリ(胞子)が飛び出してくれました。この胞子が発芽すると「アメーバー」が生まれるのです。

 湿原の南側斜面で数多くのクマ棚を確認できます。ブナ平との鞍部ですが活発にツキノワグマが活動していた様子で、ブナの幹に深い爪痕が刻まれていました。

 あまりにも観察対象物が多いために、気が付きましたら16時が過ぎていました。雪が降り始めスキー場もクローズになりそうです。冬季の散策は15時には駐車場に戻らなければいけないと思っていますので、本日は少し反省でした!!

 古見満雄

群馬県自然保護指導員 国有林野保護監視員
Nacs-J 自然観察指導員 森の博物館玉原楽迎員
利根沼田自然を愛する会 副会長

PAGE TOP