緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

19.1.24玉原パトロール報告「うなる風・気温-13℃」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

変形菌捜索中~!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マメホコリ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

小さな変形菌

%ef%bc%98%ef%bc%8e%e3%82%a2%e3%82%ab%e3%83%9f%e3%83%8e%e3%83%a4%e3%83%89%e3%83%aa%e3%82%ae%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%99%ef%bc%8e%ef%bc%91%ef%bc%8e%ef%bc%92%ef%bc%94%e7%8e%89%e5%8e%9f%ef%bc%89

アカミノヤドリギ

 「利根沼田自然を愛する会」副会長の古見満雄さんから1月24日に実施した群馬・玉原高原のパトロール報告が届きました。強風と厳寒の中、新雪をかき分けて目的の「子実体」を探す様子などを紹介しましょう。

 週末には強い寒気が来るとのこと、その前に入山しようと思ってやって来ましたが、風がうなっていました~!(笑)それでもスキーパーク・キッズガーデン~キャンプ場ルート付近を通過して湿原へ下ることにしました。

 雪が散っていますが、吹雪ではありません。ただ風が強く、先行する仲間の姿が霞みます。新雪が60cm程有りスノーシューは膝ほど沈みますが、玉原特有の軽い雪のためと、変形菌(アメーバー生物)の最終的な姿の「子実体」探しが楽しいので辛くはありませんでした。ただ指がかじかみシャッターボタンを押す感覚がなくなっています。

 1cm程のマメホコリや3mm程のシロジクモジホコリ、それと2mmにも満たない非常に小さな子実体を沢山確認することが出来ました。

 ヤドリギに雪が積もっています。沢山の実が確認できますので、今年は豊作の様子です。まだ食べられた様子が無く、この実が大好きな鳥のレンジャク達はまだ渡って来ていないのでしょう。

 積雪も進み沢筋も雪で埋まり安全に歩行出来るようになり、正午過ぎには玉原自然環境センターにたどり着きました。積雪1m50cm気温-13℃でした。

 帰路、中心広場では風よけがないためにブリザード状態でした!

 古見満雄
群馬県自然保護指導員 国有林野保護監視員
Nacs-J 自然観察指導員 森の博物館玉原楽迎員
利根沼田自然を愛する会 副会長

PAGE TOP