緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

クマの爪あと、ふかふか落ち葉 晩秋の玉原高原を歩きました

%e3%82%af%e3%83%9e%e3%81%ae%e7%88%aa%e7%97%95

幹についたクマの爪あとをチェック

 群馬・玉原高原で自然環境の保全に努めている「利根沼田自然を愛する会」が11月11日(日)に開催した年内最後の定例観察会に参加しました。「森の博物館玉原・楽迎員」の解説を聴きながら、三つのグループに分かれてブナ平や玉原湿原、玉原湖の周辺などを歩きました。
 玉原高原ではすでに降雪があり、この日のスタートの午前10時の気温は約3度。冷たい風が吹く中、玉原湖を一周するグループに加わりました。
 紅葉も終わり、足元はふかふかの落ち葉。シラカバやダケカンバの白が青空に映え、樹上にいる野鳥の姿やヤドリギもよく見えます。途中、クマが木に登った爪あとやケヤマハンノキにできた根粒菌のこぶ、キノコや木の実などについて解説してもらいました。
 玉原高原一帯はまもなく本格的に雪が降り、来年春まで豪雪で閉ざされます。このため、自然観察の終了後、湿原のミズバショウをシカの食害から保護するネットを外すなど、冬を迎える準備をしました。

%e3%83%8d%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%92%e3%81%af%e3%81%9a%e3%81%99

冬を前にミズバショウを保護するネットを外す作業

PAGE TOP