緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

油彩による点描画で日本の自然美を追求

%e5%b0%8f%e5%b7%9d%e6%b5%a9%e5%80%8b%e5%b1%95-2 森林文化協会の会員で画家の小川浩さん(66)=茨城県守谷市在住=が地元守谷市の市民交流館・モリヤガーレで油彩画の個展を開催しています。小川さんから送っていただいた写真と共に個展の様子を紹介します。

 小川さんは福島県石川町出身で、日本山林美術協会の会員です。現役時代は大手建設会社で設計の仕事をする一方、45歳から本格的な油彩による創作活動を始めました。ふるさと福島県を中心に東北、北海道などを旅してまわり、油彩による点描画で日本の自然美を20年余にわたって追求し続けてきました。
 会場には、秋を惜しむように残された紅葉や風が通る湖面を描いた「晩秋湖畔(青森・蔦温泉蔦沼)」をはじめ、点描による大作が展示され、訪れた人の目を引き付けています。
 「小川浩油彩画展」は入場無料、木曜休館。守谷市民交流館・モリヤガーレ(同市大木966-1、電話0297-45-5600)で6月24日(日)まで開催。

PAGE TOP