緑の情報アラカルト
緑の情報アラカルト

10年をふり返り、新たなスタート 東京おもちゃ美術館が開館10周年

%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a1%e3%82%83%e2%91%a0%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%ef%bc%89 触れて遊べる体験型ミュージアム「東京おもちゃ美術館」の開館10周年記念式典が4月21日(土)、東京都新宿区の四谷ひろば講堂で開かれました。来賓として吉住健一新宿区長や沖修司林野庁長官らが出席。パネルディスカッションやスペシャルライブなどで10年の歩みをふり返ると共に新たな10年に向けて思いを語り合いました。
 式典では多田千尋館長が開館から現在にいたる経過や活動状況を説明し、お世話になった関係者への感謝の気持ちを述べました。パネルディスカッションは「ありがとう10周年~ここからまた歩き始める」がテーマ。映像を交えながら、4人のパネリストが同美術館と関わってきた体験と今後への期待を語りました。最後にKOWさんらの特別編成によるバンドが同美術館の歩みを歌でうたうと、赤いエプロン姿の大勢のスタッフらも加わって、会場は大いに盛り上がりました。
%e3%81%8a%e3%82%82%e3%81%a1%e3%82%83%e2%91%a1%ef%bc%88%e6%ad%8c%ef%bc%89 東京おもちゃ美術館は旧四谷第4小学校の校舎を利用して2008年4月20日に開館しました。認定NPO法人芸術と遊び創造協会が運営。施設やおもちゃに木をふんだんに使うなど木育に力を入れる美術館には、親子連れなど年間約15万人が訪れます。11年3月の東日本大震災では、被災地におもちゃを届け、子どもたちと一緒に遊ぶ支援をするなど館外での活動にも取り組み、ミャンマーにおもちゃや図書を贈る海外支援も手掛けています。また、おもちゃ美術館をつくる動きは国頭村(沖縄)、長門市(山口)、由利本荘市(秋田、7月開館)をはじめ、各地に広がってきています。

PAGE TOP